割と管弦楽団はプレイヤーの機会があります

以外と道が開かれているのは、バイオリンやチェロ、フルートやコントラバスといったそういう管弦楽団のようなものでしょうか。
これの奏者は割と募集していますね。
主な演奏先はセレモニー、結婚式、後は老人会、そういっためでたい席で、演奏者派遣だそうですが、音大、又は同等の実力とよく書いてあります。
自分が思うのは、音大ってどこでもいいのだろうかという話ですね。
当然学費は高いのですが、音大学費ランキングでみてみると、東邦音大なんか、割と安かったりします。
上に行くほど、学費が高い傾向がありますね。
上野音大はそれ程でもないです。
ポイントは、クラシックの一つの印として、音大卒というのがあるので、さっきの長期履修生でも出ておいた方が良いという事でしょう。
実際、演奏するだけだったら、教室で習っても演奏は出来ます。
先生だって、初見や色々を教えてくれるでしょうし、音大は、クラシック系の証というだけでしかないでしょうね。

セレモニー宝○という所があり、そこのピアニストは、音楽葬という事で、演奏するのだそうですが、音大は関係なかったような気がしました。